CodingCastにこめた想い


「学ぶ」とは「真似ぶ」から始まる

「学ぶ」という言葉の語源を辿ると「真似ぶ」、真似する、という言葉にゆきあたります。
「まず真似をしてみて、それから理解を深める」
という学習のスタイルを持つ方は、真似する対象があれば効果的に成長できるはずです(その他にも学習のスタイルは幾つかの形があると思いますが、本サイトは「まず真似して全体像を掴むと不安がなくなって捗る人」をターゲットにしています)。

WEBシステム開発の全てを真似するのはとても大変なので、まずは大まかな流れやポイントを抑えて、開発の雰囲気を獲得してもらいたいと思っています。プログラミングの学習は、何かを作り上げながら学ぶのが最も効果的なので、目標とするサービスを開発しながら学ぶスタイルをとっています。学校のように一つずつ教科を修了させるスタイルではなく、何かを完成させることが大きな経験値になると考えています。

CodingCastは何であって、何でないか

  • 真似して雰囲気、流れを知る為のものです。
  • これを眺めるだけでシステム開発がマスターできるなどということはまずありえません
  • 例えば「自分に楽しめるか」を知る為にやってみるにはとても適していると思います。

こんな使い方はいいの?

こちらをご覧いただければ少しわかるかと思います。もしも疑問などありましたら問い合わせいただければ幸いです。