RubyでHello World!


Hello World!

ほとんどのプログラミング言語の入門書の最初にこのプログラムを作る例題が載っています。この「CodingCast」でも最初の例題として、「Hello World」を出力してみましょう。

この動画の流れ

  • ファイル作成 File→New Fileしてapp.rbとする。
  • 作成したファイルをダブルクリックすると編集画面にエディタが出てきます。
  • 「Hello World」のコードを書きます。
  • puts はコンソールに表示するための命令です
  • 続くダブルクオーテーション(””)で囲まれているのは文字列です(シングルクオーテーション(’)で囲んでも実は大丈夫です)。
  • 編集が終わったら⌘Sか、File→Saveでファイルを保存します。
  • 編集画面下部のコンソールでruby app.rbと打ち、プログラムを実行します。
username:~/workspace $ ruby app.rb
Hello World

おめでとう!とっても小さいですがプログラミングでコードを動かすことができました!

  • 次にエディタで「Hello World」の文字を変更して、出力を変更できることを確認します。
  • 上キーで前のコマンドをもう一度選択して使えますよ!

よくある失敗

  • ダブルクォーテーションの閉じ忘れ
  • 全角のダブルクォーテーションで囲ってしまう
  • 文字列ではない部分で全角のスペースを書くとエラー

いろいろやってみよう

  • 出力をHello Rubyに変えてみましょう。
  • ファイル名をapp.rbではなくてtest.rbに変えるとこれまでの手順とどこが変わるか確かめてみましょう。
  • ダブルクォーテーションのところをシングルクォーテーションにしても動くことを確認してみましょう。

今回のコードはこちらで確認できます。

次の章へ進む


コメントを残す