もう少しプログラミングぽいことをやってみよう


動画の流れ

  • Time.nowで現在時刻を取得します。
  • 現在時刻をnowという変数の中に格納(代入)します。
  • #{now}という書き方で変数nowを文字列に埋め込みます。
    • こうすると文字列の中に変数に入っている内容を埋め込むことができます。
  • 保存をしてruby app.rb -p $PORT -o $IPでプログラムを実行します。
  • https://workspace-username.c9users.io/にアクセスして「こんにちは: 現在時刻」が表示されることを確認します。
  • リロードして現在時刻が変わることを確認します。

検索してみよう

  • 「ruby 文字列 埋め込み」で検索して、いくつか記事を読んでみましょう。
  • 自分にとって一番簡単に思える記事を探してみましょう。
  • Rubyのクラスライブラリ を眺めてみましょう。こんなに色々なものがあります(まだ使いこなせないかもしれませんが、例えば今回使った Time クラスを確認してみたりすると、now以外にも色々な機能があることを確認できるはずです)。

変数の埋め込み(式展開)を使ってみよう

  • まずは変数nameにあなたの名前を代入してみましょう。
  • 変数の埋め込み(式展開)を使って「こんにちは: 現在時刻」の表示を「こんにちは: あなたの名前 さん 現在時刻」の表示に変えてみましょう。

今回のコードはこちらで確認できます。

前の章に戻る

次の章に進む


コメントを残す