終わりに


いろいろやってみよう

  • 名前(name)だけではなくて項目を増やしてみましょう。
  • 作成(create)だけではなくて編集・削除もしてみましょう。
  • Herokuで一般に公開してみましょう。
    • まずは「Heroku」で検索してみましょう。
    • 「Heroku Sinatra」で検索するかこちらを参考にしてSinatraで作ったアプリをHerokuにあげてみましょう。
  • デザインをCSSで変更してみましょう。
  • デザインをBootstapで変更してみましょう。
    • こちらの記事が参考になります。
  • 「ページネーション」で検索してみましょう。
    • 「ページネーション Sinatra」で検索して、Sinatraにページネーションを追加してみましょう。

Ruby on Railsへつなげるには

  • オブジェクト指向について学習してみましょう。
    • 「オブジェクト指向」で検索してみましょう。
    • Rubyの学習を進めるとオブジェクト指向についての理解が深まります。Railsをより深く理解して扱うためには必要となる知識ですので、あわせて学習することはおすすめです。
  • MVCについておおまかに把握してみましょう。
    • まずは「MVC」で検索してみましょう。
    • 「MVC Rails」で検索してみましょう。
    • 実際にRailsのアプリを新規に立ち上げて、作成しながら学ぶこともおすすめです。
  • RESTについて調べてみましょう。
    • 「REST」で検索してみましょう。
    • 「RESTful」で検索してみましょう。
    • 「Rails Rest」で検索してみましょう。
  • UnitTestについて調べてみましょう。
    • 「UnitTest」で検索してみましょう。
    • 「Rails UnitTest」で検索してみましょう。
    • 「Rails Rspec」で検索してみましょう。
    • こちらも実際にRailsのアプリを新規に立ち上げて、作成しながら学ぶこともおすすめです。
  • 作成しながら学ぶときはRailsチュートリアルを使って学ぶこともおすすめです。
    • 少し難しい内容かもしれません。知識、経験としてあいだを埋めるコンテンツを制作予定です。

前の章へ戻る


コメントを残す