カラム追加のマイグレート


## Pickup

### `bundle exec rake db:create_migration NAME=add_email_to_contacts`

: 生成されるファイルの先頭14文字は上記のコマンド実行時のタイムスタンプになります。後半の文字はNAMEで指定した文字の先頭にアンダーバーを付与したものです。

: `NAME=add_email_to_contacts` の「add_email_to_contacts」箇所は任意です。アンダーバーでつながれた単語を分割して、先頭を大文字にしたクラス名のファイルが生成されます。 `NAME=add_email_to_contacts`だと`class AddEmailToContacts`になります。classの名前が重複するとエラーになるので、同じNAME(例:add_email_to_contacts)が使えるのは一度きりです。

: 参考サイトには`self.up`と`self.down`という記述で書いていますが、これは、`change` ひとつで代用可能です(`self.up`と`self.down`は古い記述です)。