[導入]scaffoldで素早く作成する1


Pickup

bin/rails gコマンドについて

今回は bin/rails g scaffold NAME field:type field:type 〜 を実行しました。間違えてしまった場合は

bin/rails destroy scaffold NAME

で作成されたファイルを削除することができます。

ターミナルでコマンドの履歴を出す

上キーを押すと過去のコマンドの履歴を確認して、エンターを押して実行できます。

ブラウザのリロードの仕方

下記のように何通りかありますので、試してみてください。
– リロードのボタンを押す
– コマンド(Windowsではコントロール)キーを押しながらRを押す
– F5キーを押す