[導入]Railsツアー


Pickup

通信を受けてからの流れ

  1. config/routes.rb で対応するControllerとActionを選ぶ
  2. ControllerのActionの呼び出し
  3. Modelの処理呼び出し
  4. Viewでの表示

config/routes.rbresources について

resources :todos と書くだけで下記のような幾つものエントリポイント(公開される通信先)が作られます(注意: 実際にはこのコードは動きません)

get '/todos' do
  todos_controller.index
end 

post '/todos' do
  todos_controller.create
end 

get '/todos/:id' do
  todos_controller.show
end 

# 他にもDELETEやUPDATEなど

Railsの基礎概念で重要な点を講義動画で見たい方は下記からどうぞ。