[導入]Controllerの7つのAction1


Pickup

GET通信に対応している4つアクション

scaffoldで作られたRailsのControllerには主要な7つのメソッド(Actionと呼びます)がありますが、このうち下記の4つがGET通信に対応しているものです。何がしか画面の表示をします。

  • index
  • show
  • new
  • edit

言葉

クラス

今は「複数のメソッドをまとめてグループ分けしている」程度の理解で大丈夫です。
詳しくはオブジェクト指向を勉強するとよくわかってきますが、奥が深い為ある程度作れるようになってきてからで良いと思います。

どうしても知りたい方はこちらをご覧になるなどすると助けになるでしょう。

叩かれる

プログラマーが使う用語にはちょっと特殊なものもありますが「叩く」という言葉を「実行する」という意味だったり「通信を送る」のような意味で使ったりもします。

  • メソッドを叩く: メソッドを実行する
  • URLを叩く: URLに通信を送る(ブラウザで対象のURLを開くなど)

他にも出てきた時に解説しますね。